速歩(正反動)

2011-02-22

慣れないとやたら弾んでお尻が痛くて大変な生反動。

慣れると軽速歩よりもこちらが操りやすいのでいいなあと個人的には思うのですが、そこは壁を越えたかどうか。

「鞍からお尻を離さないように乗る」のが正反動ですが、どうしたらいいのでしょうか?

イメージをもちましょう。

 ・お尻が手で馬がバスケットボール。ドリブルするような感じ。
 ・馬の背中(鞍)から突き出す衝撃を肩で抜くイメージ
 ・自分がスライムだったら?

これでまずはいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

(4/14加筆↓)

「頭イメージだけではよくわからん!」
と思うならば、バランスボールで実際に正反憧の動きをマネして上記のイメージを体にしみこませましょう。

トータルフィットネス(TotalFitness) フィットネスボール  STT069
シンテック (2005-09-12)
売り上げランキング: 216

↑これに座って上下してるのを想像すると滑稽ですから、家で一人でやりましょう(w

そうは言っても、「うまくいかない」という方は、きっとうまくバランスが取れていないと思われます。

★うまく座れていない、騎座が安定していないという原因があると、、、
・正反撞の反発をお尻でもろに受ける
 ↓
・脚で馬にしがみついてしまう
 ↓
・力が入り、全身が硬くなる
 ↓
・正反撞の反発をお尻でもろに受ける

と、エンドレスになってしまいます(笑)

私は部活時代に調馬策で「あぶみなし、大の字乗り」を1か月くらい毎日やらされましたので身に着いたのだと思います。
すごくしんどかったけど、当時の先輩には感謝です。

乗馬クラブだと落馬とかの危険性とかも考えて、なかなかこういったスパルタ指導は行わないのかもしれませんが、下手に手綱を持ってしまうとそちらも気なってにしてしまうので、とにかく馬の振動に影響されない安定した騎座を作ることがまず大事です。

「落馬するかもしれない」という気持ちが無くなってくる頃には、正反憧もきっと乗れるようになっているはずです。




Copyright(c) 2012 乗馬のイロハ All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme