‘初心者向け騎乗ガイド’

速歩(正反動)

2011-02-22

慣れないとやたら弾んでお尻が痛くて大変な生反動。

慣れると軽速歩よりもこちらが操りやすいのでいいなあと個人的には思うのですが、そこは壁を越えたかどうか。

「鞍からお尻を離さないように乗る」のが正反動ですが、どうしたらいいのでしょうか?

イメージをもちましょう。

 ・お尻が手で馬がバスケットボール。ドリブルするような感じ。
 ・馬の背中(鞍)から突き出す衝撃を肩で抜くイメージ
 ・自分がスライムだったら?

これでまずはいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

(4/14加筆↓)

「頭イメージだけではよくわからん!」
と思うならば、バランスボールで実際に正反憧の動きをマネして上記のイメージを体にしみこませましょう。

トータルフィットネス(TotalFitness) フィットネスボール  STT069
シンテック (2005-09-12)
売り上げランキング: 216

↑これに座って上下してるのを想像すると滑稽ですから、家で一人でやりましょう(w

そうは言っても、「うまくいかない」という方は、きっとうまくバランスが取れていないと思われます。

★うまく座れていない、騎座が安定していないという原因があると、、、
・正反撞の反発をお尻でもろに受ける
 ↓
・脚で馬にしがみついてしまう
 ↓
・力が入り、全身が硬くなる
 ↓
・正反撞の反発をお尻でもろに受ける

と、エンドレスになってしまいます(笑)

私は部活時代に調馬策で「あぶみなし、大の字乗り」を1か月くらい毎日やらされましたので身に着いたのだと思います。
すごくしんどかったけど、当時の先輩には感謝です。

乗馬クラブだと落馬とかの危険性とかも考えて、なかなかこういったスパルタ指導は行わないのかもしれませんが、下手に手綱を持ってしまうとそちらも気なってにしてしまうので、とにかく馬の振動に影響されない安定した騎座を作ることがまず大事です。

「落馬するかもしれない」という気持ちが無くなってくる頃には、正反憧もきっと乗れるようになっているはずです。




さあ駈歩だ!

2011-02-22

常歩、速歩が乗れるようになったら、最後の歩様、駈歩です。

速歩とはまた違う反動があり、慣れないうちは姿勢をキープすることが難しいです。
しかも、常歩、速歩からそもそも駈歩を出しづらいので、そこから姿勢を崩してしまうことが良くありますし、手前が逆になったりすると乗りにくいのでパニックにもなります。

動画では上半身はまっすぐのままほぼ動いていないですよね!?目指すはこの姿勢です。
自分の騎乗姿勢を録画して、チェックし改善すれば上達も早くなるでしょう。




ここまで乗れるようになったら…

2011-02-22

ある程度乗れるようになったら、次の目標を探しましょう。

おすすめは、競技会への出場です。

様々な競技があり、自分にあった競技を選ぶことができますので、是非チャレンジしてみてください。

「競争とかするんではなくて、のんびり乗りたい」

という人は…例えば

  ・全国、全世界の乗馬クラブを巡ったり、馬に関連する行事を見て回る
  ・自分の馬を持つ!

などはいかがでしょうか。

自分のペースで、長く付き合っていけるスポーツなので、焦ることはありません。
自分の乗馬ライフを確立していってください。

1 of 2 Two female equestrians enjoy a slow ride on their beautiful horses on Morro Strand State Beach, 06 April 2009
1 of 2 Two female equestrians enjoy a slow ride on their beautiful horses on Morro Strand State Beach, 06 April 2009 / mikebaird




1にも2にも正しい姿勢

2011-02-21

乗馬は、まずは人間が馬に乗れて初めて操縦できるものです。

乗った人間のちょっとした重心のずれや、体重の移動によって、馬がどう動けばいいのか判断します。
(そのように調教されているのです)

その動きをできるようになるためにも、どんなに駈歩が乗れようが、馬場馬術、障害飛越ができても、基本の姿勢が非常に重要です。

SHORA Dressage - Sunday 9 October 2005
SHORA Dressage – Sunday 9 October 2005 / andrealindenberg

うまくいかなかったりするときは、まず第一に自分の姿勢が崩れていないかを確認してみてください。




馬が動きやすいように

2011-02-21

乗馬というスポーツは、動くのは人間ではありません。

馬です。

操作するしない以前に、馬が動きやすい状態でなければ、動くものも動きません。

I love you
I love you / zenera

馬場馬術競技は、馬がのびのび動いていること自体が採点基準にもなっています。

どうしても自分が必至になってしまいがちですが、『馬の気持ちを考える』という側面を持つことが大事です。




馬の操作は“感覚”

2011-02-21

馬はハミという金属を口の中に入れられています。

唇の脇の敏感な部分ですから、手綱(たづな)を強くたくさん引っ張らなくても十分人の意思は伝わります。

※これは大勒ハミですな
Budweiser Horse - Close up #2
Budweiser Horse – Close up #2 / Donnaphoto

手綱を挟んでいる小指。

そこにちょっと力を加えるだけでよいのです。

そうでなくては、女性や子供、年配の方ができるスポーツではありません。

ほんのちょっとだけ変化を馬に伝える。

逆にたくさん伝わると馬が混乱してわからない。

姿勢、重心の話も、ここに関わってくるのです。




馬への愛情、感謝

2011-02-21

最後に、『パートナー』である愛馬を大切に思う気持ちを忘れることなく…日々の乗馬ライフを楽しんでください。

Girl Kissing A HorseGirl Kissing A Horse / PinkStock Photos!




ハーフパス

2011-02-20

「横運動」と呼ばれ、欽ちゃん走りみたいな歩様になります。




旋回(前肢、後肢)

2011-02-20

前肢旋回:前肢を軸に回る

実は比較的簡単で、馬が自分に従順かどうかを確かめるよい手段になります。

後肢旋回(ピルーエット):後肢を軸に回る

駈歩でのピルーエットは、オリンピックレベルの演技です。




踏歩変換

2011-02-20

駈歩の手前を変えることを踏歩変換といい、その方法は2種類あります。

シンプルチェンジ: 一度速歩、常歩に落として手前を変える

フライングチェンジ: 駈歩をしながら空中で手前を変える




« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2012 乗馬のイロハ All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme