筋肉痛対策のための3つの方法

2011-03-29


乗馬というスポーツは、他に比べて普段使わない筋肉を使うので、筋肉痛になりやすいと思います。
自分自身も、学生時代からしばらく離れて久しぶりに乗馬クラブへ体験乗馬を行った際、次の日に股を中心とした下半身が筋肉痛となってしまい、歩行が困難になってしまったこともあります。(笑)

そこで、乗馬・馬術に関連した筋肉痛の予防、解消法をまとめてみました。

兎にも角にもストレッチと休養

普段使わない筋肉を使うスポーツなので、疲労物質である乳酸は
普段から使う筋肉と比べてたまりやすい傾向があります。

騎乗前はもちろんのこと、騎乗後もなるべく筋肉に血液を送り込むよう、体をほぐしてあげることが必要です。

もし時間があるなら、半身浴などをしながら軽いマッサージをすれば効果的に筋肉痛を押さえてくれます。

あと、初心者にありがちなのが「上半身が筋肉痛になる」ということ。
基本的に、上半身にあまり力を入れてはいけません。
腕や首、肩などが筋肉痛になるということは「騎乗時に上半身に余分な力が入っている」ということなのです。
このままでは速歩の正反動もうまくできないと思いますので、インストラクターと相談しながらなるべく力を抜いた騎乗を心がけてください。

筋肉痛を直すためならプロテイン(栄養)

プロテインというと、「ムキムキの人が好んで飲むもの」というイメージですが(自分だけ?)、そうではありませんでした。
プロテインはアミノ酸のかたまりみたいなもので、そのアミノ酸は疲労回復に非常に効果があります。
そういう意味で筋肉痛をやわらげてくれるひとつの効果を期待できるものがプロテインです。

それほど大々的なものを調達してくるのではなく、コンビニ等でも売っているようなアミノ酸系補助食品などでもよいと思います。

筋肉痛にはクエン酸が絶大効果

アミノ酸が疲労回復に効くのであれば、クエン酸は筋肉痛の原因である乳酸の働きを抑えてくれる効果があると言われています。

クエン酸は柑橘系の果物などに含まれている酸っぱい成分です。
そういったジュースを飲んだり、梅干しやバナナなんかにも多く含まれているので、
余裕があれば積極的に摂取しておけば、次の日歩けなくなるといったことに悩まされないですむかもしれませんよ。(笑)

クエン酸&BCAA 12.4g×10本 グレープフルーツ味
江崎グリコ (2008-04-08)
売り上げランキング: 229
Copyright(c) 2012 乗馬のイロハ All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme