減点基準とタイム(速度)

2011-02-15

基準の種類

障害飛越競技の採点基準は、大きく標準競技(基準A)とスピード&ハンディネス(基準C)の2つがあります。

標準競技は、規定で定められたタイム以内に、障害物を落下させたり、馬が障害物の前で止まったり避けたりする(不従順)などを行うことなくゴールする競技です。
タイムの速い遅いではなく、減点が少ないかを競い、同点の場合はもう1競技(ジャンプオフ)が行われる場合もあります。

一方、スピード&ハンディネスでは、減点ではなくタイムが加算されるような仕組みで、より速いタイムでゴールできるかを競います。

採点方法

規定で定めている採点方法は以下の通りです。

採点基準 基準A方式での採点 基準C方式での採点
1回目の不従順 4点減点 減点無し
2回目の不従順 失権 失権
障害の落下 4点減点 4秒加算
水濠障害での着水 4点減点 4秒加算
馬の転倒、落馬、人馬転倒 失権 失権
不従順とそれに伴う
障害物の落下及び移動
4点減点と6秒加算 6秒加算
規定時間の超過 4秒につき1点
制限時間の超過 失権 失権

※コース全長やジャンプオフなどにより、また若干異なります。

落下・不従順の種類

俗に「反抗」とも言ったりする不従順ですが、こういうことになったら減点ですよ、というお話を。

障害物の落下・・・減点4
Glen Ellen - Sunday 13 November 2005 - Show Jumping
Glen Ellen – Sunday 13 November 2005 – Show Jumping / andreavallejos

拒止(障害物を飛ばないで止まる)・・・1回目減点4、2回目失権
逃避(障害物を飛ばないで避ける)・・・1回目減点4、2回目失権
Putting on the brakes
Putting on the brakes / sskennel

他に、以下のようなルールがあります。
・巻き乗り不従順・・・1回目減点4、2回目失権:走行中45秒間継続して反抗すると失権
・規定時間オーバー・・・4秒ごとに減点1
・落馬、馬の転倒、経路違反・・・失権

Scary Fall
Scary Fall / carterse

昔はよく落ちましたなあ。




Copyright(c) 2012 乗馬のイロハ All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme